【演習】波の干渉

物理【波】第4講『波の干渉』の講義内容に関連する演習問題です。 講義編を未読の方は問題を解く前にご一読ください。

波の干渉波の山場のひとつである「干渉」。公式を暗記しているだけでは不十分。イメージができるようになることを目標に丁寧に解説します!...
Contents

問題

[Level.1]
図1に示すように,水面上の離れた2点A,Bから,同じ波長で同位相の波が出ている。 図中の赤い線は山の波面を,青い線は波は谷の波面を表す。 点C,D,Eで波は強めあうか,それとも弱めあうか。 それぞれ答えよ。

[Level.2]
図2に示すように,水面上の離れた2点A,Bから,波長0.40mの同位相の波が出ている。 点P,Qで波は強めあうか,それとも弱めあうか。 それぞれ答えよ。

[Level.3]
水面上で1.8m離れた2点A,Bから,波長0.60mの互いに逆位相の波が出ている。 波が干渉して強めあう点を結んだ線を正しく表しているのは,以下の選択肢のうちどれか。


この下に答えを載せていますが,まずは自力で考えてみましょう。


答え

[Level.1]
C:強めあう
D:弱めあう
E:強めあう

[Level.2]
P:弱めあう
Q:強めあう

[Level.3]
(d)

(※ 解説は現在準備中。)