光の粒子性

前回は,光電効果という現象がこれまで知られていた物理ではまったく説明できないというところまで解説しました。この謎がどのように解明されたのか。 解決編,スタートです。

電磁誘導とレンツの法則

「磁場が電流をつくり出す」現象に焦点を当てていきます。高校物理の電磁気分野の中では最大の山場なので,気を引き締めていきましょう!!

光電効果

金属に光を照射すると,その金属から電子が飛び出すことが知られており,これを光電効果といいます。この光電効果こそ,19世紀末の物理学者たちを悩ませた大問題なのです!

状態変化のまとめ

定圧,定積,等温,断熱と,ここまで様々な気体の状態変化を扱ってきましたが,最後にそれらをまとめておきたいと思います。

単振り子

等速円運動の接線方向の加速度は0です。しかし,等速でない円運動ならば接線方向にも加速度をもちます。今回は振り子を例に用いて,接線方向の運動方程式を考えてみましょう!

荷電粒子の運動

ここまでの学習で,電場と磁場が電荷にどのような力を及ぼすのかが判明しています。力がわかったのだから,運動方程式を使って電荷の運動を調べてみましょう!

水平ばね振り子

単振動の基本的な知識が身についたところで,いよいよ具体的な運動を取り扱ってみましょう。例題を解きながら解説していきたいと思います!

単振動の運動方程式

運動方程式は「力を用いて加速度を求める」ものですが,単振動では先に加速度が求められました。本来の順序とは逆ですが,加速度を用いて単振動する物体にはたらく力を求めてみましょう!

モル比熱

物質の温まりにくさ・冷めにくさを表す指標である「比熱」は物理基礎で学習済みです。気体の比熱は状態変化と組み合わせると興味深い結果が得られます!

単振動の変位・速度・加速度

物体の運動を語る上で外せないのが変位と速度,それから加速度です。単振動でもこれらが重要であることは言うまでもありません。円運動をヒントにして,これらの量を求めてみましょう!