磁力線と磁束線

磁場の作用を考えるとき,磁場そのものよりも,周りの物質から受ける影響も含めた磁束密度を用いるほうが都合がよい,というのが前回の結論でした。今回は,磁束密度の表現方法について考えてみましょう。

透磁率と磁束密度

今回は,電流が磁場から受ける力の式に登場した,比例定数 μ(透磁率)が主役です。透磁率は単なる定数ではありません!その意味について詳しく見ていきましょう。

断熱変化

これまでに,定圧変化,定積変化,等温変化を見てきました。これで一通り終えたように思えますが,最後にもう1つ「断熱変化」を紹介したいと思います。

電流が磁場から受ける力

電流を流すと,その周囲に磁場が生じることを前回学習しました。では,はじめから磁場が存在しているところで電流を流すと何が起こるでしょうか?

円運動の運動方程式

すべての運動は運動方程式によって記述される,という話を物理基礎のところでしましたが,当然円運動も例外ではありません!円運動の運動方程式とはどのようなものでしょうか?

等温変化

気体の3つの状態量P,V,Tのうち,Pが一定の変化とVが一定の変化については考察が終わったので,今回は残る1つ,等温変化について見ていくことにしましょう!

光の干渉 〜くさび形空気層〜

今回はちょっと聞き慣れない「くさび形空気層」による光の干渉がテーマです。最大のポイントは光の反射が干渉条件に絡んでくることです。

向心力

力がはたらかなければ等速直線運動,一定の力がはたらけば等加速度運動,というように,それぞれの運動には “その運動をする理由” があります。円運動の場合,それはどんな理由なのでしょうか?

定圧変化

前回は,気体の体積を一定に保ったまま変化させることを考えましたが,今回は圧力を一定に保ったままの状態変化,すなわち,定圧変化(等圧変化)について考えましょう。

電流がつくる磁場

電気と磁気が似た性質をもっているので,「この2つは別物じゃなく,互いに関係しているんじゃないか…?」と考えるのは自然なことで,実際,密接に関連しあっています。今回はそんな電気と磁気の間の関係について見ていきましょう。