物理の道標

【演習】物理量と単位

物理の道標 第2講『物理量と単位』の講義内容に関連する演習問題です。 講義編を未読の方は問題を解く前にご一読ください。

物理量と単位答えに単位を付け忘れて減点…  そんな経験は誰にでもあると思います。というわけで今回のテーマは,意外に奥が深い単位の話。...
Contents

問題

[Level.1]
50kgは何gか。 また,300μFは何Fか。

[Level.2]
仕事の単位J(ジュール)を,基本単位を用いて表せ。

[Level.3]
弦を伝わる波の速さv[m/s]は,弦の線密度(1mあたりの質量)ρ[kg/m]と弦の張力S[N]で決まるという。 vをρとSを用いて表せ。

この下に答えを載せていますが,まずは自力で考えてみましょう。


答え

[Level.1]
50000g(5.0×104g),0.0003F(3.0×10-4F)

[Level.2]
kg・m2/s2

[Level.3]
 v=\sqrt{\frac{S}{\mathit{\rho}}}

こちらの動画で詳しい解説をしています。 ぜひご覧ください!