力学

【演習】等速直線運動

物理基礎【力学】第1講『等速直線運動』の講義内容に関連する演習問題です。 講義編を未読の方は問題を解く前にご一読ください。

等速直線運動等速直線運動を日常生活でお目にかかる事はまずありませんが,物理では複雑な現象を扱う前にまず単純化されたモデルで考えます。もっとも単純な等速直線運動は,すべての基礎になる大事な運動です!...
Contents

問題

[Level.1]
エレベーターが2.0m/sの速さで上昇している。 10秒間で何m上昇するか。

[Level.2]
10m/sは何km/hか。 また,54km/hは何m/sか。

[Level.3]
片道600mの道のりを,行きは12m/s,帰りは6.0m/sで往復した。 出発してから戻ってくるまでの平均の速さを求めよ。

この下に答えを載せていますが,まずは自力で考えてみましょう。


答え

[Level.1]
20m

[Level.2]
36km/h,15m/s

[Level.3]
8.0m/s

(※ 解説は現在準備中。)