【演習】波の基本式

物理基礎【波】第3講『波の基本式』の講義内容に関連する演習問題です。 講義編を未読の方は問題を解く前にご一読ください。

波の基本式波を扱う上で非常に大切な式をみなさんに伝授しましょう!...
Contents

問題

[Level.1]
振動数40Hz,波長0.30mの正弦波がある。 この波の進む速さを求めよ。

[Level.2]
図1のように,x軸上を正の方向に進む正弦波がある。 いま,波はx=3.0mの位置で山になっている。 波が進行し,次にx=3.0mの位置が山になるまでに0.50秒かかった。 この波の速さを求めよ。

[Level.3]
図2は,原点Oにある波源が振動を始めてから0.20秒後の波の様子である。 この波はx軸上を正の方向に5.0m/sの速さで進む。 波長は何mか。 また,この状態からさらに0.10秒経過したときの波形を書け。

この下に答えを載せていますが,まずは自力で考えてみましょう。


答え

[Level.1]
12m/s

[Level.2]
6.0m/s

[Level.3]
1.0m,波形は下図参照。

こちらの動画で詳しい解説をしています。 ぜひご覧ください!