【演習】いろいろな温度

物理基礎【熱】第2講『いろいろな温度』の講義内容に関連する演習問題です。 講義編を未読の方は問題を解く前にご一読ください。

いろいろな温度温度は原子・分子の熱運動の激しさを数値で表現したものですが,一口に「数値で表す」と言っても,実はいろいろな表し方があるのです。ここではよく使う温度に絞って紹介したいと思います。...
Contents

問題

[Level.1]
水の融点と沸点はそれぞれ何Kか。

[Level.2]
絶対零度(0K)は何℃か。 また,77Kは何℃か。

[Level.3]
−85℃の物体に熱を加え,40℃にした。 この物体の温度は何℃変化したか。 また,何K変化したか。

この下に答えを載せていますが,まずは自力で考えてみましょう。


答え

[Level.1]
273K,373K

[Level.2]
−273℃,−196℃

[Level.3]
125℃,125K

(※ 解説は現在準備中。)