力学

【演習】加速度

物理基礎【力学】第5講『加速度』の講義内容に関連する演習問題です。 講義編を未読の方は問題を解く前にご一読ください。

加速度高校物理最初の関門,加速度運動。等速直線運動は速さも向きも変化しない運動なので,お世辞にも面白いとはいえません。 そこから一歩進んで,速さが変化する運動を扱おうというわけです。面白そうじゃありませんか!?...
Contents

問題

[Level.1]
加速度の定義を述べよ。

[Level.2]
東向きに2.0m/sの速さで進む物体が,3.0秒後に東向きに4.4m/sの速さになった。 東向きを正の向きとして,この物体の加速度を求めよ。 また,西向きを正の向きとしたときの加速度も求めよ。

[Level.3]
東向きに7.5m/sの速さで進む物体が,0.50秒後に東向きに4.0m/sの速さになった。 東向きを正の向きとして,この物体の加速度を求めよ。

この下に答えを載せていますが,まずは自力で考えてみましょう。


答え

[Level.1]
単位時間あたり(1秒あたり)の速度の変化

[Level.2]
東向きを正:0.80m/s2,西向きを正:−0.80m/s2

[Level.3]
−7.0m/s2

こちらの動画で詳しい解説をしています。 ぜひご覧ください!