波のグラフ 〜y-tグラフ〜

前回からの続き。 波のグラフを書くために,2つある変数txのうち1つを固定してしまおう! というお話でした。 そして前回は実際に時刻を固定してyxのグラフを書きました。

しかし,固定する変数はtじゃなくてもいいわけで,xの方を固定したらグラフはどうなるんだ!というのが今回のテーマです。

y-tグラフの意味

動く波に対して,「tを固定する」というのは「波の写真を撮ること」でした。

では,「xを固定する」とは一体何を指すのでしょうか?

ロープを揺らしてできる波を例にとると,xの値は,ロープの各点を表しています。

つまり「xを固定する」というのは,「ロープの中のある一点の動きだけを追え」ということになります。 たとえば,x=5でのy-tグラフを書けと言われたら,ロープのx=5の地点に印をつけて,その印の動きを追えばいいのです。

つけた印が時間とともに上下する様子をグラフにしたものがy-tグラフです。

(このグラフが,波の形を表しているわけではないことに注意!)


波のグラフの注意点

これで2種類のグラフが出揃ったわけですが,読み取る上で気をつけてほしいことがあります。 それは,それぞれのグラフの形。

y-xグラフもy-tグラフもともに正弦波の形になっており,グラフの形を見ただけでは,どちらのグラフなのか区別できません!!

波のグラフが出てきたら,必ず横軸が何なのか確認するクセをつけましょう!

今回のまとめノート


時間に余裕がある人は,ぜひ問題演習にもチャレンジしてみてください! より一層理解が深まります。

【演習】波のグラフ 〜y-tグラフ〜y-tグラフに関する演習問題にチャレンジ!...

次回予告

次回は2つのグラフの違いに注意して,その読み取りに挑戦しましょう!

波のグラフの読み取りグラフを苦手にしている人がいますが,数学でも物理でもグラフは情報の宝庫です!! 毛嫌いせずにしっかり読み取り方をマスターしましょう!...