電磁気

【演習】合成容量

物理基礎【電磁気】補講『合成容量』の講義内容に関連する演習問題です。 講義編を未読の方は問題を解く前にご一読ください。

合成容量物理基礎で合成抵抗について学習しましたが,今回は合成抵抗のコンデンサーバージョン,「合成容量」について学んでいきましょう!...
Contents

問題

[Level.1]
3つのコンデンサーが図1のように接続されている。 合成容量を求めよ。

[Level.2]
極板間が空気である電気容量30μFのコンデンサーがある。 このコンデンサーの左半分だけ比誘電率4.0の誘電体で満たしたとき(図2参照)の電気容量を求めよ。

[Level.3]
極板間が空気である電気容量Cのコンデンサーの右半分の上部に,図3のように極板間隔の\frac{1}{3}の厚さで比誘電率がεrの誘電体を挿入する。 このときの電気容量をCとεrを用いて表わせ。

この下に答えを載せていますが,まずは自力で考えてみましょう。


答え

[Level.1]
12μF

[Level.2]
75μF

[Level.3]
\frac{5 \varepsilon _{r}+1}{2(2 \varepsilon _{r}+1)}C

(※ 解説は現在準備中。)