力学

【演習】等速直線運動のグラフ

物理基礎【力学】第2講『等速直線運動のグラフ』の講義内容に関連する演習問題です。 講義編を未読の方は問題を解く前にご一読ください。

等速直線運動のグラフグラフで表そうと言うと,「なんだかむずかしそう…」という声が上がりますが,むしろ逆。直接計算すると面倒な問題でもグラフを利用すると簡単に解けたり,複雑な運動が視覚的にイメージできたり,いいことづくめです!...
Contents

問題

[Level.1]
2つの物体A,Bが等速直線運動をしている。 以下の図1は,A,Bの運動を表したx-tグラフである。 AとBどちらが速いか。

[Level.2]
以下の図2は,ある物体の運動を表したx-tグラフである。 この物体の速さは何m/sか。また,この物体の運動のv-tグラフを書け。

[Level.3]
以下の図3は,ある物体の運動を表したv-tグラフである。 この物体が10秒間で移動した距離は何mか。 また,この物体の運動のx-tグラフを書け。

この下に答えを載せていますが,まずは自力で考えてみましょう。


答え

[Level.1]
B

[Level.2]
6.0m/s,グラフは下図参照。

[Level.3]
8.0m/s,グラフは下図参照。

(※ 解説は現在準備中。)