原子

【演習】放射性崩壊と半減期

物理【原子】第13講『放射性崩壊と半減期』の講義内容に関連する演習問題です。 講義編を未読の方は問題を解く前にご一読ください。

放射性崩壊と半減期原子核は,不安定な状態から安定な状態に移り変わるときに放射線を放出しますが,放射線を出す前後で原子核は具体的にどう変化するのでしょうか?...
Contents

問題

[Level.1]
下図に示す放射性崩壊の系列において,(1)〜(10)に入る適切な数字,記号を答えよ。

[Level.2]
半減期が15時間の原子核がある。 ちょうど5日経過したとき,この原子核の数はもとの何倍になるか。

[Level.3]
放射性崩壊する原子核4.0gのうち,32日後に崩壊せずに残っていたのは0.25gであった。 この原子核の半減期を求めよ。

この下に答えを載せていますが,まずは自力で考えてみましょう。


答え

[Level.1]
(1)214 (2)84 (3)α (4)210 (5)210
(6)83 (7)β (8)Po (9)α (10)206

[Level.2]
\frac{1}{256}

[Level.3]
8日

(※ 解説は現在準備中。)