物理の道標

【演習】三角比と三角関数

物理の道標『三角比と三角関数』の講義内容に関連する演習問題です。 講義編を未読の方は問題を解く前にご一読ください。

三角比と三角関数「数学で習ったときもわからなかったのに,物理で使うなんて無理…」「数学で習う前に物理で出てきちゃって何がなんだか…」という人向けに,三角比・三角関数について解説します!...
Contents

問題

[Level.1]
(ア)〜(オ)のそれぞれの場合について,sinθ,cosθ,tanθの値をそれぞれ答えよ。 値がない場合は「値なし」とすること。
(ア)θ=45°
(イ)θ=60°
(ウ)θ=90°
(エ)θ=\pi
(オ)θ=\frac{7 \pi}{4}

[Level.2]
\cos \theta=\frac{2}{3}(0 \leqq \theta <2 \pi)のとき,\sin \thetaの値はいくらか。

[Level.3]
下図の斜線部の面積を求めよ。

この下に答えを載せていますが,まずは自力で考えてみましょう。


答え

[Level.1]
(ア)\sin 45° =\frac{1}{\sqrt{2}},\cos 45° =\frac{1}{\sqrt{2}},\tan 45° =1
(イ)\sin 60° =\frac{\sqrt{3}}{2},\cos 60° =\frac{1}{2},\tan 60° =\sqrt{3}
(ウ)\sin 90° =1,\cos 90° =0,\tan 90°は値なし
(エ)\sin \pi =0,\cos \pi =-1,\tan \pi =0
(オ)\sin \frac{7 \pi}{4} =-\frac{1}{\sqrt{2}},\cos \frac{7 \pi}{4} =\frac{1}{\sqrt{2}},\tan \frac{7 \pi}{4} =-1

[Level.2]
\sin \theta=\pm \frac{\sqrt{5}}{3}

[Level.3]
\frac{A^2}{2}(\theta -\sin \theta \cos \theta)

(※ 解説は現在準備中。)