電磁気

【演習】帯電のしくみと原子の構造

物理基礎【電磁気】第2講『帯電のしくみと原子の構造』の講義内容に関連する演習問題です。 講義編を未読の方は問題を解く前にご一読ください。

帯電のしくみと原子の構造髪の毛を下敷きでこすると,髪が下敷きに引きつけられるという有名な現象があります。 実際に遊んだことがある人もいるでしょう。なぜこするだけで突然電気が現れるのでしょう?...
Contents

問題

[Level.1]
原子核に10個の陽子をもつ原子は,何個の電子をもつか。

[Level.2]
2種類の物体A,Bをこすりあわせて帯電させたところ,Bは4.8×10-8Cの電気量をもった。 電子はどちらからどちらへ移動したか。 また,Aがもつ電気量はいくらか。

[Level.3]
前問において,移動した電子の数は何個か。

この下に答えを載せていますが,まずは自力で考えてみましょう。


答え

[Level.1]
10個

[Level.2]
BからA,−4.8×10-8C

[Level.3]
3.0×1011

(※ 解説は現在準備中。)