力学

【演習】円運動の基礎

物理【力学】第12講『円運動の基礎』の講義内容に関連する演習問題です。 講義編を未読の方は問題を解く前にご一読ください。

円運動の基礎円運動はその名の通り,ある点を中心に円を描く運動のことです。まずはよく用いられる用語を紹介していきたいと思います。...
Contents

問題

半径2.0mの円周上を等速で運動している物体が,5.0秒間で\frac{\pi}{4}radだけ回転した。 以下の各問に答えよ。 πを用いて答えてよい。

[Level.1]
この物体の角速度を求めよ。

[Level.2]
この物体の速さを求めよ。

[Level.3]
この物体の周期と回転数を求めよ。

この下に答えを載せていますが,まずは自力で考えてみましょう。


答え

[Level.1]
\frac{\pi}{20}rad/s

[Level.2]
\frac{\pi}{10}m/s

[Level.3]
周期:40s
回転数:2.5×10-2Hz

(※ 解説は現在準備中。)