重さと質量

以前,重力の大きさの計算を学びましたが,そこに「質量」が登場しました。

質量については中学校でも学んでいるはずですが,「重さ」と混同している人がかなり多くいます。

重さ=質量だと思っている人は案外少ないですが,「重さと質量が別の概念ということはわかっているけど,具体的にどう違うかがわからない…」という人が非常に多い印象です。

 

この記事を読んで,重さと質量のちがいをバッチリ押さえましょう!

 

 

体重についての誤解

まずは問題。

「体重」は重さと質量,どちらでしょうか?

「体の重さ」と書いて「体重」だから重さ?

 それとも…?

 

答えの前に,重さと質量のちがいを確認しましょう。

早いですがまとめです。

 

今回のまとめノート 

f:id:ph-km86-ma:20180827111355p:plain

 

問題の答え

このまとめノートの内容を基に,もう一度先ほどの問題の答えを考えてみてください。

… … … … …

 

では答え合わせ!!

ズバリ,体重は「質量」です!

 

そもそも重さとは,まとめノートに書いたように,重力の大きさのことです。

月は地球より重力が小さいので,月で体重を測ると,地球で測るよりも値は小さくなります。

でもこれは痩せたわけではないですよね!?

あくまで「見かけ上」軽くなっただけです。

たとえ宇宙空間だろうが,場所を変えただけで体重が減るわけありません。

「体重」とはどこで測っても変わることのない,その人自身が元々もっている量(=固有の量)であるはずです。

 

また,単位を見比べても一目瞭然。

質量の単位はkgなのに対し,重さの単位はNです。

みなさん体重はkgで測るはずです。 

Nではないですね?

このことからも体重が質量であることが分かります。

  

「重さ」と「質量」。

どちらも物理ではよく用いる言葉ですので,ちがいをしっかり理解して使い分けてください!!