レビュー:スタディサプリ【高校教員が実際に使ってみた】

CMなどでよく目にするようになった「スタディサプリ」。

「一流講師の授業がスマホで受けられる」というのがウリのこのサービスですが,実際のところどうなんでしょう??

 

授業を受けてみて,良ければブログを読んでくれている高校生(浪人生)におすすめできるけど,そのためにお金払って会員になるのはちょっとなぁ…

 

そう思っていたときに一筋の光明!!

なんと私の勤務している高校がスタディサプリを導入したため,教員は無料で講義が受けられることに! やったね!!

というわけで,実際に使ってみた感想をまとめます。

(私が物理専門なのでほとんど物理しか見ていませんが,その点はご了承ください。)

 

 

私の感想の前に

こうやって記事を書いていることから分かるとおり,私としては「一度使ってみることをオススメする」という結論なのですが,ぶっちゃけ他人の意見を聞いて回るより(ここに来た人はおそらく他のサイトも見て回っているのでは?),一度授業を受けてみたほうが早いです。

正直私もスタディサプリの良し悪しをチェックするのに,「安いとはいえ,お金がかかるからなぁ…」と思っていたのですが,無料体験,普通にありました。

今の御時世,そりゃあるに決まってるんですが,全然気づきませんでした(笑)。

私の記事を読んでくれたらそりゃ嬉しいんですが,無料体験受けてみて自分で判断したほうが確実かと思います。

 

授業はどんな感じ? 予備校と比べてどう?

私は浪人時代,大手予備校に通っていたので,そことの比較をしていきたいと思います。

スタディサプリはあらかじめ用意された授業から好きなものを選んでみることができるスタイル。

大手予備校でこのスタイルを採用しているところもありますが,一般的な塾だと年間カリキュラムに沿った授業が展開されるので,こちらもそれに合わせて勉強せざるを得ません。

「好きなときに・好きな授業を・好きなだけ見れる」というのはスタディサプリの大きなアドバンテージだと思います。

 

そして肝心の講師。

スタディサプリは原則,「1科目1講師制」です。

受講者の多い英数国ですら2人。

これは豊富な講師陣を誇る大手予備校との大きな違いといえるでしょう。

大手予備校では自分にあった先生を選べるのに対し,スタディサプリでは選択の余地はありません。

もちろんその辺のデメリットは運営側も承知しているので,予備校によくいる「信者も多いがアンチも多い先生」はスタディサプリ講師陣にはいません。

 

物理担当は中野喜允(よしまさ)先生。

上記のような理由もあり,オーソドックスな授業を展開する先生といった印象。

あ,「オーソドックスな授業」は褒め言葉ね(笑)。

さすがに大手予備校で教鞭をとっていただけあって,説明はうまいです。

板書が見やすいのも高ポイント。

 

講師のレベルに問題はないのですが,それでも予備校と比較すると差はあると思います。

それはズバリ,「映像授業」と「生の授業」の差。

生の授業ならば生徒の表情から理解度を見て,説明を付け加えたりしてくれますが,映像授業は一方通行。

それと,授業を受ける側の気持ちの問題。

まったく同じ内容の授業だとしても,画面を通して受けるのと,教室で他の生徒と机を並べて受けるのとでは集中力がちがってきます。

 

結論,「授業の質に問題はないが,映像授業ならではのデメリットを受講者がどう捉えるか」ですね。

 

授業料はいくら?

授業受け放題で月額980円です。

「予備校に比べて圧倒的に安い!!」を売り文句にしていますが,予備校は授業料が高い分,緊張感ある生の授業が受けられる・一流の講師に直接質問できるなど,それ相応の見返りがありますので,一概に値段だけ見て判断するのはちょっと違うかな,と。

 

しかし,授業を「見るだけ」のスタイルとはいえ,追加料金無しの980円という価格設定は良心的と言えるでしょう。

予備校だと夏期講習を受けるとなると,レギュラーの授業料とは別にまたお金を取られますからね(^_^;)

そういう意味では980円ポッキリは嬉しいです。

ちょうど参考書・問題集1冊分ぐらいの値段だし,使わない参考書買うよりはずっといいですね笑

 

スタディサプリに向いている人・向いていない人

スタディサプリに向いている人はこんな人です!

① 自分が何を勉強すべきか分かっている人

豊富な授業から何でも自由に選べてしまうので,勉強の目的がしっかりしていないと,あれこれ中途半端にかじった挙げ句,実力がつかない…ということになりかねません。

 

② 大教室での授業が嫌。かといって個別指導も嫌という人

「大手予備校は人が多くて嫌」という人は案外多いです。

だからといって個別指導も先生と合わなかったらどうしよう…みたいな人は迷わずスタディサプリを使うべきでしょう!

 

③ 部活で忙しい人

スタディサプリのいいところは「時間を選ばない」ところ。

塾に通うには部活を休まなきゃいけないけど,スタディサプリならその心配ナシ!

 

上記①〜③のいずれかに当てはまっている人は,一度無料体験授業だけでも受けてみることをオススメします!

 

逆にスタディサプリが向いていない人はこんな人。 

① 集中力がない人

教室での授業なら目の前に先生がいるので,それなりに集中できると思いますが,スタディサプリはそうではありません。

授業がいくらわかりやすくても,意欲と集中力がなければ実力はつきません。

 

② 進◯ゼミが続かなかった人

これはわかりやすいかと思います笑

教材があるのにやらないタイプの人なら,それが本から動画になったところで結局長続きしません。

 

まとめ

自分の勤務校に導入されたのを機にいろいろ見てみましたが,パソコンやスマホの普及によって,予備校レベルの授業をどこでも受けられるようになるなんて,自分が高校生だった頃には想像もできなかった世界です。

おおげさかもしれませんが,「次世代の教育の在り方」を垣間見た気がしました。

私のこのブログでも高校物理を丁寧に解説していますが,「先生の生の声」というのはやはり重要です。

定期的に入会キャンペーンなどもやっているようなので,興味がある人はキャンペーンを狙って入会してみては?