そうだミニ四駆ネタを書こう

みなさんミニ四駆はご存知ですか?

…っておそらくこの記事を読んでいる人は「ミニ四駆」で検索してたどり着いた人でしょうから今さら聞くまでもないか (^o^;

 

私は2013年ごろにミニ四駆復帰して,そこから今まで細々とマシン組んだり,公式に出たりしてます。

 

【Myマシン:THUNDER BIRD】

f:id:ph-km86-ma:20180727075348j:plain

(メンテしてたので,ボディマスダンが固定されてない笑)

 

 さて,ミニ四駆に復帰するにあたって,まず驚いたのが昔のマシンとの違いです。

小学生の頃,お小遣いをためて買ったパーツが今や「夢パーツ」扱いされていたり(苦笑),まぁとにかく昔とだいぶ違ってたわけです。

 実に合理的だなぁと感心するものも多々あります。

 

 

その改造の効果と原理,説明できますか?

しかしネットで簡単に情報が入るこの時代,理屈も何も理解せず,ただ単に,「速い人がやっているから」という理由で真似している人の多いこと!!

ミニ四駆はコースに合わせて最適なセッティングを自分で見つけ,他の人を出し抜くのが醍醐味です。

が,理屈がわからなければ自分でセッティングを見つけるなんて不可能!!

 

そこで,本来は高校物理を解説するのが目的のこのブログですが,ミニ四駆にまつわる物理ネタもちょいちょいアップしていきたいと思います。

(あくまで物理がメインなので,更新頻度は少ないです)

 

学生時代あまり物理をやってこなかった人向けに書く予定なので,理系出身の人には当たり前の話ばかりになると思います。

理系の人,期待しないでください(笑)

 

個人的な思い 

驚くべきことに,「ミニ四駆には物理法則が通用しない」と真面目に言っている人もいます。

おそらく「レースで何が起こるかわからない」から飛躍したものだとは思いますが,本気で物理法則が通用しないと思いこんでいたらかなりの重症です(頭が)。

 

理論的な予測でマシンを組み上げて,それで勝って,「この世のものである以上,ミニ四駆も物理法則に従う!」ということが広まって,物理に目を向けてくれる人が少しでも増えたらいいなぁと思っています。

 

せっかくなので物理そのものを勉強しよう 

よく「中学英語だけでもだいたい会話できる」と言いますが,物理も同じで,高校物理がわかるだけでもだいぶ世界の見え方が変わってきます。 

 

ミニ四駆を通じて「ちょっと物理勉強してみようかな…」と思ったら,ぜひ高校物理の解説記事にも目を通してみてください!