力のつりあい

力の「つりあいの式」の立て方を勉強しましょう!

力のつりあいは中学校でも習いますが,一応復習。

物体に複数の力がはたらいていて,それらの力の合力が0になるとき,「力がつりあっている」と言います。

f:id:ph-km86-ma:20180630163130p:plain

 

 

力のつりあいから力の大きさを求める 

以下の例題をやってみましょう。 

f:id:ph-km86-ma:20180630105536p:plain

これは簡単ですね♪ 

答えを出してからこの先に進んでください!

問題の解答はこのようになります↓

f:id:ph-km86-ma:20180630105552p:plain

物体にはたらく力の大きさと向きをしっかり確認して,水平方向ならば,

「右向きの力(合力)の大きさ=左向きの力(合力)の大きさ」

 鉛直方向ならば,「上向きの力(合力)の大きさ=下向きの力(合力)の大きさ」という式を立てることがポイントです!

 

上の問題の(2)のように,水平方向と鉛直方向が両方含まれる場合には,それぞれを分けてつりあいの式を立てる必要があります。

 

次は少しレベルアップして,文字式バージョンをやってみましょう!

f:id:ph-km86-ma:20180630141008p:plain

文字式がニガテという人も多いと思いますが,徐々に慣れていきましょう。

ちなみにこの問題に登場するmgは重力の大きさ,kxは弾性力,μ'Nは動摩擦力を求める式でしたね!

TNはそれぞれ張力と垂直抗力を表す記号でした。)

 

今後はこのように,これまで習った力が頻繁に登場します。

忘れている人はもう一度復習しておいてください。

 

問題の答えはこの下にあります。

 

解答です!  

f:id:ph-km86-ma:20180630142418p:plain

与えられているのが数値でも文字でもやることは変わりません!

 

つりあいの式は力学をやる上で非常に大切なので,よく復習し,正しく式を立てられるようにしましょう!!

 

今回のまとめノート 

f:id:ph-km86-ma:20180710173444p:plain

次回予告 

次回は運動に関する法則に突入します!

www.yukimura-physics.com