力の3要素

加速度運動を一通り終えたので,今回からいよいよ「力」についてです!!

今やっている分野がそもそも「力」学ですから,その主役ということですね♪

 

中学校までの理科でもいろいろな力が登場していました。

重力や摩擦力,垂直抗力などなど…

このように力にはいろいろな種類がありますが, そもそも「力」とは一体何なのでしょうか??

 

 

物理における「力」 

「力」という言葉は日常でもよく使いますが,その意味はまちまちです。

「君は力持ちだね」といった場合には筋力を指しているし,「君は英語の力があるね」なら,能力を指しています。

しかし重力や摩擦力が,筋力でも能力でもないことは明らかです。

  

物理では,

① 物体を変形させる原因となるもの

② 物体の運動状態を変える原因となるもの

を「力」と呼ぶ,と定義されています。

  

物理ではあらゆるところに「力」という言葉が登場します。

日常の感覚でなんとなーく捉えるのではなく,定義を常に言えるようにしておきましょう。

 

さて,上で挙げた定義のうち,高校物理でよく用いるのは②の方です。

運動の状態を変えるというのは要するに,速度を変化させたり,向きを変化させるということです。

①は複雑になることが多いので高校ではほぼ扱いません。

 

 

力の表し方

最後に力の表し方について復習しておきましょう!

力は向きを持つ量なので,矢印で表します。

力を語る上で大切なのは「大きさ・向き・作用点」です。

これらを力の3要素といい,矢印の「長さ・向き・矢印の始点」に相当します。

 

今回のまとめノート

f:id:ph-km86-ma:20180315224218p:plain

次回予告

次回からは数回に分けて,よく登場する力を勉強しましょう!

www.yukimura-physics.com