加速度

いよいよ高校物理最初の関門,加速度運動に入っていきます!!

ここまでに学んだ具体的な運動といえば,まだ等速直線運動だけです。

等速直線運動は速さも,向きも変化がない運動なので,お世辞にも面白い運動とはいえません。

そこで,等速直線運動から一歩進んで,まずは速さが変化する運動を扱おうというわけです。

等速直線運動より面白そうじゃありませんか!? 

 

 

 速度の変化をどう表すか 

速度の変化は「加速度」という量で表されます。

が,単純に「何m/s増えたか」だけが問題ではありません。

10m/sで運動している物体が加速して50m/sになったとすると,速度変化は「40m/s増えた」ということになりますが,果たしてそれが1秒間の出来事なのか,あるいは30分間の出来事なのかで,全然話が違ってきますよね?

 

同じ速度変化ならば,短い時間で変化した方が「より加速した」と言えます。

そこで,「加速度 = 1秒あたりの速度変化」と決めましょう。

 

 

注意事項 

加速度について,注意点が2つほどあります。

 

まず1点目は,上で述べた定義の中にある単語です。

…ちゃんと注意して読んでいましたか?

1秒あたりの “速度” 変化,というところです! 

“速さ”変化ではありません!!

 

 速さと速度の違いがあいまいな人は,以前の記事を見て確認しておきましょう。

これがわかってないと,正しく加速度を計算できません。

www.yukimura-physics.com

具体的な加速度の計算は,本日のまとめノートに書いておくので後で見てください。

  

それから2点目。加速度は速度と同様に「向き」が存在します。

加速度の向きは速度や変位と同じく,プラスやマイナスの符号で表すのですが,加速度がマイナスのときは特に注意が必要です。

「負の加速度」は「負の方向に加速」という現象の他に,「正の方向に減速」という現象も表します。(まとめノート参照)

どちらの意味で使われているのか,問題をよく読んで判断する必要があるので気をつけましょう。

 

今回のまとめノート 

f:id:ph-km86-ma:20180215161349p:plain

次回予告 

次回は踏ん張りどころ!! 

公式が目白押しです!

www.yukimura-physics.com