高校物理の勉強法(定期試験・大学受験)

物理,それは理科4科目の中で最も敬遠される科目。

難しそうとか,実際難しいとか,計算ばかりとか,何やってるかわからないとか,

マイナスイメージばかりくっついてくる科目。

しかし,将来のために物理を避けては通れないという人も多いでしょう。 

私としては,無理に物理を好きになってもらおうとは思いません。

ただ,物理ができないせいでやりたいことを諦めたり,進路を変えたりする人を見ると悲しい。

そこで今回は高校生(受験生)に向けた物理の勉強法を伝授します!

 

 

教科書をちゃんと読むべし

受験で多くの人が陥る,“どの参考書がいいですか症候群”。

他の教科は分からないけど,物理に関して言えることは一番しっかりと説明が書いてあるのは教科書ということ。

このことは私も教員になって改めて教科書を読んだときに気付いたので,高校生諸君ならなおさら教科書をバカにしてると思う。

 

とんでもない!

「高校生のときここでつまずいてたなー」とか思いながら教科書めくると,実はちゃんと書いてあって「何だ,悩む必要なかったじゃん」みたいな笑

 

というわけで,教科書をロクに読んでもいないのに,参考書・解説書を欲しがるのはナンセンスと言わざるをえません。

 

むしろ買うべきは問題集。 

解答,解説,答えに至るまでのプロセスがしっかり書いてあるものを1冊用意するといいでしょう。何でもいいです。

大事なのは問題集を選ぶことではなく,問題を解くことですからね♪ 

物理が苦手で自分で問題集を選べない!という人はこちらの記事 ↓ も読んでください!

www.yukimura-physics.com

 

「用語の意味」を言えるようにしよう 

「学校の授業は先生が何を言っているのか分からない」という意見をよく聞きます。

何が原因なのか,私なりにいろいろ考えてみました。

思い当たるのは「用語の意味」を曖昧にしたままの人が多いこと。

物理では「力」「仕事」「エネルギー」「熱」など,日常でも使う言葉がそのまま使われていることが多いので,「その用語は自分はすでに知っている」と錯覚してしまうのです。

でも実は,その多くが日常で使う意味とは別の意味で使われています!

学校の授業で物理の先生は当然,「物理における意味」で用語を使います。

それに対して聞いている生徒は「日常で使う意味」と混同しているため,話がうまく噛み合わない,という現象が起こるのです!

 

用語に関してはコツコツ覚えていくしかありません。

 おすすめはズバリ,単語帳を用意して英単語のように覚えることです。

表に用語,裏にその定義を書きます。

表に「速さ」,裏には「単位時間あたりに進む距離」という具合です。

英単語に比べて 格段に数は少ないです! がんばって覚えましょう!

 

…覚えましょう!と言うと,「物理は暗記科目じゃない!」という人が必ず出てくるのですが,「暗記科目」という意味,正しくわかってますか?

「暗記科目」というのは,覚える知識に際限がないものを指します。

例えば歴史。覚えても覚えても,細かい出来事を挙げていけばキリがありません。

英単語だって同じくキリがありません。

 

でも物理はどうでしょう?

物理は覚えるべき用語や公式はあるけれども,その数はあらかじめ決まっています。

覚えるべきものを覚えたら,それ以上覚えることは何もない。

そういう意味で「暗記科目ではない」のです。

全く暗記しなくていいわけではありませんよ!

 

 

法則は言葉で説明できるようにする

物理を勉強しているつもりがサッパリ成績が上がらないという人によくある現象。

先生「オームの法則って何?」

生徒「V=RIです。」

先生「どういう意味なのか言葉で説明してみて。」

生徒「… … …。」

 

式は言えても,それがどういう意味か日本語で説明できないなら,それは結局何も分かっていないのと同じです。

教科書には言葉でしっかり書いてあるので,わからなければ確認しましょう。

ただし丸暗記はダメですよ!!

内容を理解して「自分の言葉で」説明できるようにしてください。

さらに,その法則が適用できる具体例も言えるようにしておくと,イメージが湧いてとても良いです。

 

この段階になったら,その法則を使って解く問題にトライ。

格段に効果が出ます。

そうそう,法則で大事なのは結論はもとより,法則の適用範囲

どういうときその法則が使えるのか,あるいは使えないのか。

例えば,力学的エネルギー保存の法則は有名ですが,力学的エネルギーがどんな場面でも保存する,ということではありません。

「〇〇のとき,☓☓が成り立つ」の◯◯の部分こそ大事です。

ここが明確に分かるようになれば,初見の問題にも対応できるようになるハズ!

 

図を描け・描け・描け!

数学でも見られる現象ですが,問題文を読んで,解法が思いつかないと,途端に頭を抱え込んでフリーズしてしまう人がたまにいます。

まるで神様が耳元で解法を囁いてくれるのを待っているかのようですが,残念ながらいつまで待っても神様が囁いてくれることはありません。

じゃあどうすればいいのか。

問題文を読んでよく分からなければ,自分で分かるように図を描きましょう!

図を描くことで様子がわかり,やるべきことが見えてくることは多いです。

頭を抱えてる暇があったらペンを動かしましょう!

とはいえ,テストのときだけ図を描こうと思っても案外描けませんので,普段の勉強時から書くクセをつけておきましょうね!

 

物理はできるようになるまで時間がかかる科目 

以上,思いつく限りの勉強法でした。

「当たり前のことばっかじゃん」

「用語の意味確認なんてめんどくさい」 

「まともに実行してたら時間かかりそう」

おそらくこういった感想が出てくると思いますが,私がこの記事で言いたかったことは正にそれです。

 

「当たり前のことを,めんどくさくても地道に時間をかけて勉強すること」

 

物理の勉強法はこれ以外にありません。

物理は勉強時間と成果が比例しない科目の筆頭です。

 

停滞期(何をしたらいいのかわからない)→成績が上がる(問題に慣れて,頻出問題が解けるようになる)→停滞期(初見の問題が解けない)→成績が上がる(考え方が出来てきて,初見の問題にも対応できる!)

という感じでしょうか。

 

よく「物理はコツが分かれば簡単!最小の労力で最大の効果!」という謳い文句を掲げた参考書を見かけます。

私の経験上,前半は正しいですが,後半はウソです。

確かに考え方のコツが分かれば多少難しくても解けるようになりますが,そのコツは最小の労力で得られるものではありません。

誰かに「これがコツだよ」と教わったからといって,それを使ってすぐ問題が解けるようにはならないのです。

コツは教わるだけではだめで,自分で「つかむ」ことが必要です。

自分の手に,それから頭に,しっかりと馴染ませないと効果は出ません。 

人間は一度コツをつかんでしまうと,それまでの苦労は忘れてしまうようで,「自分がつかんだコツを伝授すれば物理は最小の労力でできる!」と,教える側も思い込んでしまっています。(私も反省せねば…)

一流のサッカー選手にコツだけ教わっても,それだけではプロになれないのは当たり前ですよね。

スポーツだと当たり前なのに,勉強だと「コツ」を探し始めるのは一体なぜなんでしょうね笑

甘い言葉にだまされず,コツコツやるべきことをこなしていくことが一番の近道です。

 

このサイトも有効活用してね! 

私からのアドバイスはこんな感じです!

このブログでは教科書レベルの内容を解説していますので,物理が得意な人にとっては「当たり前のことを長々書いてるだけ」に見えるかもしれませんが,勉強していて少しでも「あれ? これってなんだっけ?」と思ったら,ぜひ該当する部分だけでも読んでみてください ♪

 

合わせて読みたい記事

www.yukimura-physics.com